メインコンテンツまでスキップ
probot-auto-merge[bot]が最終更新

ステップ1.『Xbox Liveアカウント(MSアカウント)』を作成してサインインしよう

まずは「XboxLiveアカウント」、すなわち マイクロソフトアカウントを作成する手順を解説します。端末固有のアカウントではなく「マイクロソフトアカウント」を使うから、一緒にマルチプレイできるのです。

「XboxLiveアカウント」=「マイクロソフトアカウント」#

マイクロソフトアカウントは、OfficeやWindowsでも使うアカウントです。作っておけば色々なサービスで使えますよ。

タイトル画面下のサインインをタップ。(スイッチの場合は「マイクロソフトアカウントでサインイン」と書かれています)

スイッチの場合は、こんな画面が表示されます。表示されたURLにスマホ等でアクセス して、表示されているコードを入力し、サインイン画面を開いてください。(ここからスマホでの作業になります!) ※スマホでサインインしたのに、スイッチ側の画面が切り替わらない方。それは普通です。 内部ではサインインできているので、Bボタンでアドレスの表示を閉じてください。

スマホやタブレットの場合は、ゲーム内にそのままサインイン画面が表示されます。スイッチの場合は、表示されたアドレスにアクセスするとこの画面が出ます。もしMSアカウントを 既に持っている場合はここでサインインして下さい。

持っていなくても大丈夫。下にお持ちでない場合は作成できますと書かれているので、 「作成」をタップ しましょう。

メアド入力欄が出てきますが無視して、下の 「新しいメールアドレスを取得」をタップします。

さあ、マイクロソフトアカウントのメールアドレスを好きに作っちゃいましょう。 ○○○@outlook.jp または ○○○@outlook.com または ○○○@hotmail.com の形式で、使われていない物なら自由に作成できます。

今回はアドレスを作ることに決めました。「次へ」をタップ。

パスワードを決めます。パスワード入力後、「次へ」をタップすると利用規約に同意したことになるのでご注意。 名前を入力しましょう。(※これはプレイヤー名にはなりません。あくまでアカウントの名義です) 国/地域と生年月日を入力。「次へ」をタップすると、文字を入力して人間か確かめるアレが出てきます。

ペアレンタルコントロールに注意

XboxLiveには、ニンテンドーアカウントのように「保護者」「子供」の区別があります。保護者のアカウントでマインクラフトを遊ばせても、ペアレンタルコントロールは使えません。 適切なペアレンタルコントロールを使うには、お子さんのマイクロソフトアカウントを別で作ってください。 それから、保護者とお子様を紐づけして「ファミリー」を設定することで、ペアレンタルコントロールを使えます。一つもアカウントがない場合は、先に保護者のアカウントを作成することをおすすめします。

info

では「ステップ2」へ行きましょう。「次へ」をタップしてください。