メインコンテンツまでスキップ
probot-auto-merge[bot]が最終更新

say

項目内容
コマンドsay
目的チャット欄にメッセージを流す
必要な権限レベル2
コマブロで実行可能
適用対象-
warning

特定のプレイヤーにメッセージを送るには、sayではなく/tellコマンドを使ってください。

構文#

チャットにメッセージを流す
/say <メッセージ>

引数#

<メッセージ> (必須)

チャット欄に流すメッセージを指定する。

メッセージの中でターゲットセレクターを使うと、そのターゲットセレクターで指定したエンティティ(プレイヤー含む)の名前をメッセージ内に入れることが出来る。@aなどのセレクターを使うなどして複数のターゲットが指定された場合、「○○、○○」という風にターゲットの名前が並べられてメッセージ内に入る。

実行結果#

メッセージ内のターゲットセレクターの対象が見つからない場合は空白になり、そのままメッセージが流れる。

注意#

sayコマンドは全員にメッセージを流すのであって、特定の人にメッセージを送るコマンドではない。

例えば /say @a[m=0] クリエに変えて と書いても、サバイバルモードのプレイヤー名がメッセージの中に表示されるだけだ。sayコマンドにおいてターゲットセレクターは送信先の指定ではなく、単に名前を表示するために用いる。