メインコンテンツまでスキップ
probot-auto-merge[bot]が最終更新

give

項目内容
コマンドgive
目的プレイヤーにアイテムを与える
必要な権限レベル1
コマブロで実行可能
適用対象プレイヤー

構文#

指定したプレイヤーに指定したアイテムを与える
/give <プレイヤー> <アイテム ID> [数量] [データ値] [コンポーネント]

引数#

<プレイヤー> (必須)

アイテムを与える先のプレイヤーを指定する。プレイヤー名またはターゲットセレクターでないといけない。

<アイテム ID> (必須)

与えるアイテム(ブロック)の ID を指定する。(Java 版と違い minecraft:を付けるとエラーになるので注意)

[数量] (任意)

与えるアイテム(ブロック)の数量を指定する。1 スタックが 64 個のアイテムの場合は、64 より大きい数を指定すると自動的にスタックが分裂する。しかしそれ以外のアイテムでは、スタックできる数より大きい数を指定するとエラーになる。(Java 版の場合はどんなアイテムでも自動で分裂してくれる。仕様を揃えてくれ!)

[データ値] (任意)

与えるアイテム(ブロック)のデータ値を指定する。そのアイテムで使えない値を指定した場合は 0 に直される。指定しない場合は、0 になる。

[コンポーネント] (任意)

今のところ CanPlaceOn または CanDestroy しか使えない。(BE では Java 版の NBT タグを使うことはできない。display:{Name:""}とか書いたらエラーになるぞ!)

実行結果#

引数が正しく指定されていない場合、プレイヤーが見つからない場合は失敗する。 成功すると、指定したターゲットの場所にアイテムを召喚する。複数のターゲットを指定した場合は、それぞれが指定した数量のアイテムを受け取る。

使用例#

  • /give @p diamond 64 : 最寄りのプレイヤー(自分)にダイヤモンドを 64 個与える
  • /give @p[c=3] stone 64 1 : 近くの 3 人のプレイヤーに花崗岩(stone のデータ値 1)を 64 個与える (他のコマンドと違い、データ値は後に書くので注意!)

あわせて知っておきたいコマンド#

  • /summon ― エンティティを召喚する