メインコンテンツまでスキップ
probot-auto-merge[bot]が最終更新

好きなフォントをマイクラで使える! 「Minecraft FontGen」で色々な文字を自分好みにしよう

FontGen
マイクラの日本語の文字に不満を感じたことはありませんか?
もっと滑らかに、綺麗なフォントでマイクラを遊びたいですよね。
そこで活躍するのが、Tsoftさん制作のツール「Minecraft FontGen」です。
このツールでは、自分の好きなフォントをマイクラ用に変換できます。
好きなフリーフォント高品質なフォントで、快適にマイクラをプレイしましょう。

目次#

「Minecraft FontGen」の主な機能#

Minecraftのデフォルトのフォント、ザラザラしてて見づらいと思いませんか?
フォントを自由に変更できたらなぁ…..

そこで、Tsoftさん制作の「Minecraft FontGen」を使いましょう。

30
(スクショの使用フォントは「Rounded Mgen+ 1m midium」です。)
このツールを使えば、あなたが持っている好きなフォントをマイクラ用に変換できます。
ネットにいくらでもあるフリーフォントも使えるので、自分好みnapoanが遊べます。

好きなフリーフォントを探そう#

まずは、マイクラで使うフォントを決めないといけませんね。
PCに入っている「MSゴシック」などでもいいのですが、それでは味が無いですね…

そこで、私のおすすめのフリーフォントをご紹介します。

Rounded Mgen+ (ラウンデッド ムゲンプラス) | 自家製フォント工房
2015-2-26_19-46-24
▲「7-zip形式でダウンロード」の「Rounded Mgen+」からダウンロードできます。

今回使うのは、自家製フォント工房さんの「Rounded Mgen+ 1m」です。
ダウンロードしたファイルを7-zipで展開してインストールして下さい。

marulogo2-min実はこのフォント、このブログのロゴにも使わさせて頂いてます。
ふんわりやわらかな雰囲気が最高のフォントです。

他にもフリーフォントを手に入れたい! という方は、コリスさんなどの紹介記事を読むことをお勧めします。
他に私のおすすめは「やさしさゴシック」「ほのか明朝」「スマートフォントUI」です。

※フリーフォントをダウンロードする際は、利用規約をよく読んでからダウンロードしましょう。
有料のフォントを無断配布している悪質なサイトも存在します。配布元が正しいかなども確認しましょう。

「Minecraft FontGen」のダウンロードと使い方#

それでは、便利ツール「Minecraft FontGen」をダウンロードして使ってみましょう。

(FontGenの)ダウンロード・導入方法 – Minecraft Changer
2015-2-26_20-2-32
もし動かなかった場合は、「.NET Framework 4.5」もインストールしましょう。

ダウンロードしたzipを展開して、中にある「Minecraft FontGen.exe」を実行します。

2015-2-26_20-7-37
まず使いたいフォントを選びましょう。
今回例として使用するフォントは結構下の方にあるはずです。

2015-2-26_20-10-49
次に、文字の大きさ上下位置(ベースライン)を変更します。
数値を変えても、「設定適用」ボタンを押さないとプレビューは更新されません。
プレビューの赤い枠は、マイクラで見える範囲です。ここに収まるように調整しましょう。

2015-2-26_20-15-31
最後に、生成されるファイルを保存する場所を設定し、「実行」を押しましょう。

2015-2-26_20-18-8
するとzipファイルが出てきました。
次のステップで、これをマイクラに導入しましょう。

生成したフォントの導入方法#

それでは、フォントをマイクラに導入する方法を解説します。
まずはフリーソフト「7-zip」を用意しましょう。

そして、あらかじめバニラのProfileを用意しておきましょう。
Forgeとかが入っているフォルダはダメです。**バニラにしか上手く導入できません。

![2015-2-26_19-24-52](https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fo tolife/s/sasigume/20210208/20210208145341.jpg)
.minecraft > versions > 1.8(1.7)……といったフォルダがあるので、そこを7-zipで開きます。
さらに、「バージョン名.jar」のjarファイルダブルクリックして開いておきます。

2015-2-26_20-22-49
同時進行で、生成したフォントのzipを展開しておきます。
中から「assets」というフォルダが出てくるはずです。

2015-2-26_19-25-32
次に、展開して出てきた「assets」フォルダを、7-zipで開いているjarの中にブチ込みます。

bandicam 2015-02-26 19-26-24-680
最後に、必ず「META-INF」フォルダを削除して下さい。
これを忘れるとクラッシュします。 

2015-2-27_20-12-45
[2/27追記]一番大事な部分を説明し忘れていました。
フォントを導入したProfileの「Edit Profile」を開き、「JVM Arguments」にチェックを入れます。
そして半角スペースを開け、「-Dfml.ignorePatchDiscrepancies=true」を追記して下さい。
それから「Save Profile」を押します。

00
やわらかなフォントが適用されましたね。
もし戻したい場合は、7-zipでもう一度jarを開いて「assets」を削除すれば大丈夫です。

「こんなツールを紹介して欲しい!」
などのご要望、コメントで待ってます。