メインコンテンツまでスキップ
probot-auto-merge[bot]が最終更新

OptiFine使用時のシェーダーパックの導入方法

シェーダーパックを入れてみよう

最近のOptifineは、従来の”影MOD”が合体し、”シェーダーパック”を読み込めるようになリマした。

Shaders...をクリック

Optifineを導入すると、ビデオ設定にShaders…が増えますのでクリックしましょう。

シェーダー画面に進もうとして警告が出た場合は

Shaders are not compatible with Fast Render.(シェーダー機能はFastRender機能に適合していません)という警告が表示されてシェーダー画面が開けない場合は、Performance…→Fast RenderをOFFにしましょう。

シェーダーパックのフォルダーを開こう

シェーダー設定画面左下のShaders Folderをクリックすると、シェーダーパックを入れるshaderpacksフォルダーが開きます。そこにシェーダーパックのzipファイルを入れましょう。

[2016年10月16日追記] シェーダーパックの中でも人気の「SEUS v10.1」を使うと、▲こんな風に画面が真っ白になってしまう時があります。でも大丈夫、こちらで修正手順を解説していますのでご安心下さい。/)

動作が重い場合におすすめの設定#

こちら

success

以上でOptifineのチュートリアルは全て終了です!