メインコンテンツまでスキップ
probot-auto-merge[bot]が最終更新

ステップ1. Forgeをダウンロードしてインストール

ほとんどのMODは、「Minecraft Forge」を先にインストールして準備をしておかないと導入できません。ここではForgeをインストールして使えるようにする作業を解説します。

ダウンロード#

  • まず、以下のForgeのダウンロードページにアクセスします。

http://files.minecraftforge.net

Adfoc.us(ダウンロードの際に表示される中継サイト)にてニセのForgeのダウンロードリンクが広告内に表示されたという報告がありました。くれぐれも騙されないようご注意下さい。

image

  • 左のバージョン一覧をまずはチェックしましょう。
  • 必ず遊びたいMODに合ったバージョンのForgeを選んで下さい。 あまり出たばっかりのForgeを選ぶと遊べるMODはどうしても少なくなります。

image

  • 「Download Latest」が最新版、「Download Recommended」が「安定版」です。まずは安定版をダウンロードすることをおすすめします。
  • Installerをクリックして下さい。
  • (以下、どのバージョンのForgeをダウンロードした場合も手順は同じです。

image

  • すると広告サイトが表示されます。
  • しばらく待って、右上に「SKIP」が出たらクリックします。
  • (こういうサイトを自動スキップするブラウザのアドオンがありますが、これは開発者さんにとって大切なページなんです。)
  • Adf.lyやAdfoc.usでは時々詐欺まがいのポップアップ(Javaがどうたらこうたら等)が表示されますが、気にせずに閉じて先にお進み下さい

インストール#

image

  • ダウンロードしたjarファイルをダブルクリックで開きます。
  • jar版を開いた際にプログラムの選択画面が出たら、「Java Platform SE binary」を選んで下さい。

image

Macの場合のエラー対処

macOSの場合はエラーが出るかもしれません。その場合は▲の記事を参考にしてください。

  • インストーラーの画面が開きます。そのまま「OK」を押しましょう。

image

  • Macでも画面は変わりません。Javaのおかげ

  • インストールが終わるとメッセージが出てくるのでOKを押します。

  • ※インストールするForgeのバージョンに合ったバニラのマイクラを一回も遊んでいないとインストールできません。「1.16.5版Forge」なら、「Release 1.16.5」を遊ばないといけないのです。

info

では「ステップ2」へ行きましょう。「次へ」をタップしてください。