メインコンテンツまでスキップ
probot-auto-merge[bot]が最終更新

経験値でアイテムを買うショップ(警告文付き)の作り方

経験値でアイテムを買うショップ

[2016年6月16日改訂] バージョン1/9/1.10に対応した、経験値アイテムショップのコマンドを解説します。経験値レベルが足りないと警告する機能付きです。

 
経験値払う装置

以下のコマンドでは、レベルが10以上ならレベルを10減らしてアイテムを与え、9以下なら「レベルが足りません」と警告を表示します。

※マウスオーバーすると説明が出る箇所を用意しています。

「a」

Impulse(インパルス)**Unconditional(無条件)**Needs Redstone(赤石必要)

/testfor @p[l=9]
最寄りの人のレベルが9以下かどうか判定します。

「b」

Chain(チェーン)**Conditional(条件付き)**Always Active(常時実行)

/tell @p レベルが足りません
レベル9以下なら警告。

「c」

Chain(チェーン)**Unconditional(無条件)**Always Active(常時実行)

/testfor @p[lm=10]
これはUnconditionalなので無条件に実行。今度はレベルが10以上かどうか判定します。

「d」

Chain(チェーン)**Conditional(条件付き)**Always Active(常時実行)

/xp -10L @p
レベル10以上ならレベルを10マイナス。

「e」

Chain(チェーン)**Conditional(条件付き)**Always Active(常時実行)

/give @p minecraft:アイテムID 数量 データ値
「数量」「データ値」は無くても構いません。
例: /give @p minecraft:diamond 1

「f」

Chain(チェーン)**Conditional(条件付き)**Always Active(常時実行)

/playsound minecraft:entity.player.levelup master @p
最寄りのプレイヤーに対して、効果音を鳴らします。